盛岡市の守口歯科クリニック 患者さんのために精一杯努力し常に患者さんサイドに立った歯科治療を提供いたします。

守口歯科クリニック インプラントセンター・CTセンター併設 盛岡市 守口歯科クリニック

インプラントセンター

インプラントとは

歯を失ってしまった場合、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根を入れ、その歯根の上に人工の歯を作り装着します。人工の歯根はチタンで出来ているので安全です。歯の最も重要な役割は、噛む事です。奥歯は食べ物を噛み砕きすりつぶす機能を持っていますし、前歯は、食べ物を切り裂く機能はもちろん発音機能や審美的な要素も含まれます。しかし、虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまう場合、歯というものは、たった1本の歯を失うだけでも機能と審美が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。そのため、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておくことが重要です。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。また上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラントの構造

インプラントイメージ
上部構造(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。
アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。 かみ合わせの状態によって、角度を微調整します。
インプラント(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。

より安全で正確なインプラント治療のために

補綴表示とインプラント計画の同時サポートで、インプラント治療に新たなアプローチをもたらします。CERECでデザインされたクラウンとCT画像が融合され、一画面上に表示することができるソリューション。これにより 、安全性が高くよりシンプルなプランニングが可能になります。3Dビューにより、患者さんへの治療計画の説明を画面を見せながらわかり易く行うことが可能になります。

インプラント治療の流れ

検査・CT撮影
歯科用CT

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。

インプラント治療計画システムノーベルガイドによる診断

インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが必要です。当医院では、CT検査で顎の骨の断面画像を撮影し、最先端インプラント治療計画システムを導入し、より安全で正確なインプラント治療を行うため、治療計画を立てます。

カウンセリング

診断結果をもとに、一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。

インプラント埋入手術

インプラントの埋入手術を行います。
インプランオペには、専用のオペ室を用意し
万全の設備と技術スタッフにより、より安全で
より正確なインプラント治療を行っております。

メンテナンス

インプラン埋入後は、定期的なメンテナンスが必要です。

麻酔科の先生立会いのもと心電図・血圧を管理して、万全の態勢でインプラントオペを行っております。
Copyright (C) 守口歯科クリニック All Rights Reserved.